FOTOCAFE@渋谷に行ってきた


マイコミジャーナルの記事で気になっていた渋谷のFOTOCAFEに行ってきました。

大きな地図で見る
私が渋谷を1人で歩けるのはハチ公前~センター街・PARCO前くらいまでと代官山への道のりだけなので、正直未知のエリアでした(笑)

FOTOCAFEは画像データの入ったメディアを持参すれば、好きな物を選んで高画質プリントしてくれるカフェ。
メディアの種類はmicroSDからCD-Rまで何でも良いのですが、一旦メディアを預けて保存されている画像を全て抽出してもらう事になります。
なのでフォルダ分けは(多分)意味が無いし、ちょっと見られたくない写真・恥ずかしい写真は入れない方が良いかも知れません。

飲食or写真プリントのどちらかのみの利用が可能なのはありがたい所。
お水と紙お絞りは出してもらえるので、最近(家電量販店とかに)よくあるセルフ写真印刷機(?)よりも落ち着いて選べます。
飲食含め全ての注文はPCで行うので、人に頼むのが面倒な私にとっては気楽で良かったです。
しかも注文後は画面下部に頼んだ商品の状況が分かるアニメーション画像が表示されます。
シンプルで可愛くってそれだけで楽しめるのと「ちゃんと注文を受け付けてもらっている」という安心感があり、対面ではないPC注文の弱さをちゃんとフォローしてくれているなぁと感じました。

また、Suica・PASMO・Edy・他FeliCaなどのICカードを登録すると(おそらくカードの番号を記録するだけ)全商品10%offになります。
例えばカフェラテは\310→\279になるので、スタバのショートラテ\310よりもお得ですw
FOTOCAFE

写真プリントとは別のサービスに、画像を任意でFOTOCAFEのサーバにアップできるというものがあります(要ICカード登録)
最終来店日から1ヶ月間有効なURIを発行してくれて、その間は自分専用のアルバムとしてPC/携帯から閲覧する事ができます。
ただしアップするのにはICカード登録が必要ですが、閲覧には認証がかかっていません。
個人が特定できるような写真を上げる場合には注意した方が良いでしょう。

肝心の写真プリントの話ですが、うーんべつに?
良くも悪くもありません。

L版/枚の料金が先程の10%offを適用しても\36なので、セルフ写真印刷機の\30と比べると随分割高です。
しかもセルフ写真印刷機より用紙が薄い。
その場で赤目補正・明るさ調整等ができるという部分と、カフェという形態によるコスト分でしょうかね。
上記の補正の他にホワイトフレーム・もしくはコメントが付けられるのですが、ホワイトフレームの太さが何だか気に入らないし、コメントのフォントが可愛くない。
カレンダーやポスターも作れるけど紙がペラペラだし、何よりデザインがダサ…っ
これならセルフ機やiPhotoのプリントサービスの方がずっと良いかなぁと思います(特にカレンダー)
写真プリントって今は(枚数制限はありますが)無料印刷もあるし。
お金を出せるのってコストと品質の折り合いが付いた所=コストパフォーマンスが納得できた時だと思うんだけど、これはちょっと微妙かなぁ。

写真印刷の目的オンリーで行くとちょっとイメージと違うかも知れません。
友達とワイワイ写真を選んだり、プレゼントに添えるカード代わりにさっと印刷したり、普通にお茶しに行ったり。
そんな風に気軽に立ち寄るのが丁度良いカフェだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">