絶対パス2.0


少し前の話になりますが、仕事でちょっとひとネタあったので“絶対パス”という言葉のニュアンスについて。
//大仰なタイトル付けたけど、別にそんな大層な話じゃありません

7~8年くらい前は“絶対パス”“相対パス”というと、このページからアーカイブページにリンクする場合は以下のように書いていました。

  • 絶対パス

    http://www.nikolaschka.com/log/archives.html

  • 相対パス

    ../../log/archives.html

この書き方は今も勿論使えるので“普段コーディングする訳じゃないけどちょっとHTMLを知っている人”は、“絶対パス”というと上の書き方を思い浮かべるようです。



ところが現在では“絶対パス”というと以下の3パターンが考えられ、しかもどれも“一般的”なのでちょっと厄介です。

  1. 今まで一般的だった絶対パス(=URI)

    http://www.nikolaschka.com/log/archives.html

  2. 同ホスト内での絶対パス

    /log/archives.html
    “同ホスト”というのはこの場合http://www.nikolaschka.com/をカレントディレクトリとして見る、って感じですね(余計分かりにくいか)。

  3. 同サーバ内での絶対パス

    /www/etc/html/log/achives.html
    今日日サーバ構成といえばLA(M|P)Pが流行ですが、LinuxにApacheをインストールするとデフォルトの設定では/www/etc/htmlがDocumentRoot(http://ホスト名/でアクセスされる場所)になります。
    .htaccessが使えるレンタルサーバなどで必要になる場合があります。

最近ではホスティングサービス・独自ドメイン取得等の敷居がだいぶ低くなりました。
更には無料サービス(レンタルサーバ・ブログ等)で提供されるURIもサブドメイン・若しくはドメイン直下にユーザのディレクトリが切ってある場合が殆どで、目的のファイルに到達するためのURIがだいぶ短くなっています。

一口に“絶対パス”といっても人によって受け取り方が違う場合があるので、話の中では食い違いがないように気を付けないといけませんね。

で、このエントリーは次に書くスタイルシートを/(スラッシュ)始まりの絶対パスで指定したまま手軽にローカルで確認する方法への布石だったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">