Google Mapsの検索時に注意すべき点


Web屋のネタ帳さんのホットペッパーAPIの仕様が微妙におしい件というエントリーへのトラックバック。
//以前はコメント欄があったのに
//現在は閉じていらっしゃるのでTBで

今更書いても「知ってるよ、ヴォケ!」と言われそうなのだけど、意外と知らない人もいるかも知れないのでメモ書き程度に。

先日フォントも見易くなったAjaxの先駆け、Google Maps
//元々モトヤのフリーフォント使ってたので嬉しい
住所を入力すれば位置情報を表示してくれる便利なこのサービス、実は日本の住所で検索する際に、落とし穴というか注意すべき点があります。

それは区市町村直後、”~丁目”という部分は漢字で書かなければいけないという事。
//基本的にそれ以降の数字も全角で登録されてるっぽい

Web屋のネタ帳さんの検証では”東京都中央区銀座1-15-7″という住所を検索しようとしていました。
私もやってみたのですが、500m以上も離れた”東京都中央区銀座西2?2”が表示されました。
//そして首都高のど真ん中
ところが”東京都中央区銀座1丁目15-7″(数字は全て半角)で検索すると、正しい位置が表示されます。
そして吹出しで表示されている検索結果の住所を見ると、”東京都中央区銀座1丁目15?7”(数字は全て全角)となっているのが分かります。

私も最初の頃は正しい位置が表示されず悩みました。
英数字は全て半角じゃないとイヤなので、いつも数字はテンキーで打って更にダメ押しでF10を押す、という形で入力しています。
住所の登録も勿論英数字は半角。
そういう人多いと思うんですけどね、改良してくれないかなぁGoogleさん。

今回のエントリーはそういう事(”1-15-7″でも検索できるべき)も含めてのお話だったのかも知れないけど、どうも文面を見るとご存知ないようだったので、ちょっと書かせて頂きました。

思ったより長くなったなしかし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">